Q4:重機はどのようなものを使用するのか

土質により異なります。

  • 『トレンチャー掘削』は疎水材の量が少なく施工できるので安価となりますが、砂利層のところは施工が難しいです。
  • 『バックホウ掘削』の場合は土質には影響されませんが、疎水材の量がトレンチャーの倍程かかるため、高額になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年1月3日